HOME > ABOUT US > 企業理念

人類が主とするエネルギーを石油に頼りはじめてどのぐらいになるのでしょうか。
一説では後数年使い続けたら石油は枯渇すると言われています。
一方で、実は無尽蔵にある事が分かっている。とも言われており、人類は未だ地球の真実を見抜けていません。
 
社名を「油田」としたのはクリエイターの才能もアウトプットし続ければ枯渇するかもしれないし、
無尽蔵に湧いてくるかもしれない。それは自分自身も分からない事。
しかし、才能という石油を掘り続ける事を止めなかった者が必ず得られる「油田」があると信じています。
 
英語で「YOUR DEN」と表記する事にしたのは「DEN」は獣のすみか、
という意味ですが不動産用語で「お父さんの為の書斎、隠れ家」という意味で用いられています。
共に創作する人にとっての場所になって欲しい。という意味も込めました。
 

人の想像力は掘り続ける限り無尽蔵である。

 
という企業理念の元にクリエイターの発掘、育成を行い
【あなたの住処】になるようにクリエイティブの輪を広げマネージメントを行います。
 

業界の仕組みや仕事の進め方も時代と共に大きく変わりました。
今はSNSなどがあり、一昔前のように「限られた人しか手にし得ない情報 」という物が少なくなって来ました。
そんな状況の中でクリエイターが会社に所属する意味も薄れて来たと思っています。
 
 「油田」は合同会社という組織形態で設立し、正式名称は「油田合同会社」ではありますが
一般的な会社という経営方針とは違い「クリエイターチーム」という概念が強いです。
音楽に限らず創作活動に正解は無く、組織に属したからと行って何かが保障される訳ではありません。
しかし代表corin.を筆頭にクリエイティブの世界に現役で身を置くクリエイターから学べる事は沢山あると思います。
 
殆どの情報やノウハウはSNSやインターネットで得られますが、
そんな時代だからこそ「人から学ぶ」という事が重要だと考えています。
 

時代へのアンテナは高く張り、才能は特化させガラパゴス化。

 
それが今の時代に物を作り世界に評価される道だと思います。
 

少し前のクリエイティブの世界では餅は餅屋という考え方が主流であり、
あれも、これも、、というスタイルは敬遠されていたように思います。
しかしハイスペックなツールが手軽に入手可能でプロとアマチュアの垣根は低くなり、
 

音楽は出来て当たり前という時代。

 
プレイヤーはさておき、クリエイター、プロデューサーとして活躍する為には
音楽だけに特化して技術を磨いても評価されるのは難しい時代です。
音楽、映像、文章、経済、、あらゆる情報を取り入れクリエイティブに生かす。
その為に油田のメンバーは様々なクリエイションを学び、映像作家、イラストレーター、俳優、、
他ジャンルのクリエイターとのコラボレーションを積極的に行っています。

人類が主とするエネルギーを石油に頼りはじめてどのぐらいになるのでしょうか。一説では後数年使い続けたら石油は枯渇すると言われています。一方で、実は無尽蔵にある事が分かっている。とも言われており、人類は未だ地球の真実を見抜けていません。
 
社名を「油田」としたのはクリエイターの才能もアウトプットし続ければ枯渇するかもしれないし、無尽蔵に湧いてくるかもしれない。それは自分自身も分からない事。しかし、才能という石油を掘り続ける事を止めなかった者が必ず得られる「油田」があると信じています。
 
英語で「YOUR DEN」と表記する事にしたのは「DEN」は獣のすみか、という意味ですが不動産用語で「お父さんの為の書斎、隠れ家」という意味で用いられています。共に創作する人にとっての場所になって欲しい。という意味も込めました。
 

人の想像力は掘り続ける限り無尽蔵である。

 
という企業理念の元にクリエイターの発掘、育成を行い
【あなたの住処】になるようにクリエイティブの輪を広げマネージメントを行います。
 
 

業界の仕組みや仕事の進め方も時代と共に大きく変わりました。今はSNSなどがあり、一昔前のように「限られた人しか手にし得ない情報 」という物が少なくなって来ました。そんな状況の中でクリエイターが会社に所属する意味も薄れて来たと思っています。
 
 「油田」は合同会社という組織形態で設立し、正式名称は「油田合同会社」ではありますが一般的な会社という経営方針とは違い「クリエイターチーム」という概念が強いです。音楽に限らず創作活動に正解は無く、組織に属したからと行って何かが保障される訳ではありません。しかし代表corin.を筆頭にクリエイティブの世界に現役で身を置くクリエイターから学べる事は沢山あると思います。
 
殆どの情報やノウハウはSNSやインターネットで得られますが、そんな時代だからこそ「人から学ぶ」という事が重要だと考えています。
 

時代へのアンテナは高く張り、
才能は特化させガラパゴス化。

 
それが今の時代に物を作り世界に評価される道だと思います。
 

少し前のクリエイティブの世界では餅は餅屋という考え方が主流であり、あれも、これも、、というスタイルは敬遠されていたように思います。しかし、ハイスペックなツールが手軽に入手可能でプロとアマチュアの垣根は低くなり、
 

音楽は出来て当たり前とういう時代。

 
プレイヤーはさておき、クリエイター、プロデューサーとして活躍する為には音楽だけに特化して技術を磨いても評価されるのは難しい時代です。音楽、映像、文章、経済、、あらゆる情報を取り入れクリエイティブに生かす。その為に油田のメンバーは様々なクリエイションを学び、映像作家、イラストレーター、俳優、他ジャンルのクリエイターとのコラボレーションを積極的に行っています。